手汗の悩みには手汗を止める薬

手汗の悩みには手汗を止める薬

手汗の悩みを親に相談しても全く相手にしてもらえなかったという方は結構たくさんいます。
手汗の悩みは手汗が酷い人にしか分からないので仕方ないことかもしれませんが、
私生活もままならないほどの手汗で悩んでいるなら、手汗を止める薬を試してみるべきです。

 

手汗を止める薬には、飲むものと手に塗布するものがあります。
飲むタイプのものは病院で処方してもらわなければ手に入らないのですが、
手に塗布するタイプのものは通販などで気軽に購入できます。
ハンドクリームタイプ、手にパフするパウダータイプ、ジェルタイプなどがあり、
それぞれに特徴があるので自分に合いそうなものを試してみるのがおすすめです。
手汗を止める薬ならこれ!おすすめランキング

 

手汗を止めるには、薬以外にも方法があります。
それは注射を打つことと、手術をすることです。
しかしこれらはあまりおすすめできません。

 

まず注射ですが、正確にはボトックス注射といいます。
ボトックス注射は非常にお金がかかる方法です。
副作用がないため安全性はピカイチなのですが、
3〜6ヵ月ごとに1回約10万円の費用が掛かります。
しかも続けなければ効果が切れてしまうため、ずっと注射を打ち続けなければなりません。

 

次に手術ですが、これは手術をすることで半永久的に手の汗が出なくなる代わりに、副作用が高確率で起こります。
手術によって起こる副作用は「代償性発汗」と呼ばれていて、
手から出るはずだった汗が他の部位から出るようになるというものです。
わずかな運動でも汗びっしょりになる、熱いものを食べると滝のような汗が出る、といった現象で
手汗よりも目立つ分、この副作用で手汗以上の苦しみを抱えている方がたくさんおられます。
費用は10〜30万円程度ですが、その後の副作用を受け入れられるかよく考えてから決断してください。